American Journal of Enology and Viticulture

VOLUME 11(2000)

No.1

巻頭随想 (ESSAY)

野生ブドウとの出会い
(松井弘之)

研究報文(Original Papers)

抗生物質による無核化処理がマスカット・オブ・アレキサンドリア幼果の発育とオーキシン及びジベレリン活性に及ぼす影響
(ウイナルソドラジャドウィドド・岡本五郎・平野健)
W. D. WIDODO, G. OKAMOTO, and K. HIRANO: E 宜ects of Antibiotics on Berry Growth and Endogenous Auxin and Gibberellin Levels in Induced Seedless Berries ofMuscat of Alexandria Grapes. J. ASEV Jpn., 11, 2-7 (2000)

ブドウPortland ,Niagara ,Cam pbell Early および、それぞ、れの4 倍体の白根苗における成長の比較
(本杉日野)
H. MOTOSUGI: Growth Comparison Between Own- Rooted Portland ,Niagara ,and Campbell Early Vines and Their Tetraploid Sports. J. ASEV Jpn., 11, 8-14 (2000)

ブドウの栽培管理作業の軽減をはかる改良棚‘一文字広島仕立て’の開発[Research Note]
(加藤淳子・今井俊治)
J. KATO and S. lMAI: Facilitating Grapevine Cultivation Operations by Improved Trelis Training -the “Hiroshima T-training System”. J. ASEV Jpn., 11, 15-21 (2000)

ハンディー酸度計を用いたブドウ果汁とワインの酸度の簡易測定とその信頼性[Technical Brief]
K. YOKOTSUKA, T. MATSUDO, T. OKUDA, and T.TAKAYANAGI: Simple Measurement of Grape Juice and Wine Acidity by a Portable Acidity Meter and Its Reliability. J. ASEV Jpn. 11, 22-25 (2000)

連載講座 (Review)

ブドウ栽培の基礎知識V 土作りの理論と技術
(岡本五郎)

SEMINAR

醸造用ブドウの品種育成など最近の研究について
(別所英男)

フランスボルドーのブドウ栽培とワイン醸造
(斎藤 浩)

GRAPEVINE (Review)

かぐわしき「花と緑のワイナリー」をめざして(朝日町ワイン)
(白田重明)

地元キャンベルへのこだわり-そして高級ワインの道へ(エーデルワイン)
(五枚橋 裕)

ファミリー・ワイナリーのうわさ話(白百合醸造)
(内田多加夫)

No.2

研究報文(Original Papers)

液肥の窒素濃度がブドウ,マスカット・オブ・アレキサンドリアのアミノ酸組成と食味に及ぼす影響
(平野健・林 孝憲・岡本五郎)
K. HIRANO, T. HAYASHI, and G. OKAMOTO: Efect of Different Nitrogen Levels of Liquid Fertilizer on Amino Acid Composition and Taste of Muscat of Alexandria Grape Juice. J. ASEV Jpn., 11, 63-67 (2000)

日本の地域密着型ワイナリーの現状と意識調査[Research Note]
(徳田宏晴・北口幸弘・佐藤壮・中津守・中西載慶)
H. TOKUDA ,S. KITAGUCHI ,S. SATO ,M. NAKAZAWA, and K. NAKANISHI: Survey on the Actual State of Japanese Regional Wineries. J. ASEV Jpn., 11, 68-73 (2000)

ブルーペリーのアントシアニン組成とブルーペリー・ワインの生理的効果[Research Note]
(佐藤充克・鈴木由美子・矢内隆章・生駒元・高松秀和・花牟礼研一)
M. SATO, Y. SUZUKI, T. YANAI, G. IKOMA, H. TAKAHASHI, and K. HANAMURE: Composition of Blueberry Anthocyanins and the Physiological Effects of Ingenstion of Blueberry Wine. J. ASEV Jpn., 11, 74-79 (2000)

連載講座 (Review)

ブドウ栽培の基礎知識VI 新梢・結果枝管理と着果量調節
(岡本五郎)

GRAPEVINE (Articles)

信州の一企業の生い立ち(アルプス)
(矢ケ崎啓一郎)

これからの日本のワイン造り(勝沼醸造)
(有賀雄二)

函館から新しいワインの文化発信を(はこだてわいん)
(長宮田直)

No.3

年次大会プログラム (Program of Domestic Congress)

2000. 11. 17 千葉大学けやき会館

一覧に戻る