American Journal of Enology and Viticulture

VOLUME 31(2020)

No.1

巻頭随想 (ESSAY)

日本ブドウ・ワイン学会 2020 名古屋大会に寄せて
中尾 義則
p.1
Yoshinori NAKAO; On the Occasion of ASEV JAPAN 2020 Annual Meeting in NAGOYA

研究報文(Original papers)

次世代への農業生産諸資源の継承に果たすツーリズムの可能性 -カタシモワインフーズ株式会社を事例として-
小田 滋晃,高井 利洋,川﨑 訓昭,坂本 清彦,横田 茂永,長谷 祐
p.3-11
Shigeaki ODA, Toshihiro TAKAI, Noriaki KAWASAKI, Kiyohiko SAKAMOTO, Shigenaga YOKOTA and Tasuku NAGATANI: The Potential of Wine-Tourism for Preservation of Agricultural Resources for the Future Generations: A Case Study of Katashimo Winery in Japan [Original Paper]

伝統的製法によるスパークリングワイン製造におけるブドウ圧搾工程の解析
恩田 匠,小嶋 匡人,長沼 孝多
p.15-18
Takumi ONDA, Masato KOJIMA and Kota NAGANUMA; Changes in Chemical Components during Grape Pressing Process in Traditional Method of Sparkling Wine Making [Research Note]

赤ワイン醸造時のマスト液体および果皮中のフェノール化合物濃度の変化
井上 絵梨,久本 雅嗣,渡辺(斉藤)史恵,奥田 徹
p.21-30
Eri INOUE, Masashi HISAMOTO, Fumie WATANABE-SAITO and Tohru OKUDA; Concentrations of Phenolics in Liquid Portion and Skins of Must during Red Winemaking[Original Paper]

アミノエトキシビニルグリシンとインドール -3- 酪酸の混用処理はクマガワブドウ(Vitis kiusiana Momiyama)の緑枝挿しの発根を促進する
塩崎 修志,村井 建太,樋口 竜也
p.31-40
Shuji SHIOZAKI, Kenta MURAI and Tatsuya HIGUCHI; Aminoethoxyvinylglycine Combined with Indole-3-butyric Acid Stimulates Adventitious Root Formation of Vitis kiusiana Softwood Cuttings[Research Note]

学会情報(Reports)

日本ブドウ・ワイン学会 功績賞受賞の栄に浴して[2019 年日本ブドウ・ワイン学会 功績賞 受賞講演要旨]
戸塚 昭
p.41-56
Akira TOTSUKA; 2019 ASEV JAPAN Outstanding Contribution Award

日本ブドウ・ワイン学会 功労賞受賞に感謝を込めて[2019 年日本ブドウ・ワイン学会 功労賞 受賞講演要旨]
松本 信彦 p.57-58
Nobuhiko MATSUMOTO:[2019 ASEV JAPAN Professional Recognition Award]

乳酸菌を用いたワイン中の揮発性チオール化合物濃度増強技術の開発[2019 年日本ブドウ・ワイン学会 技術賞 受賞講演要旨]
高瀬 秀樹
p.59-60
Hideki TAKASE: [2019 ASEV JAPAN Technical Merit Award] A Fermentation Technique by Using Lactobacillus Plantarum to Enhance 3-Mercaptohexan-1-ol in Wines

日本ブドウ・ワイン学会 2019 年甲府大会の開催報告
澤邊 昭義,渡辺(斉藤)史恵
p.61-64
Akiyoshi SAWABE and Fumie WATANABE-SAITO: Reports on 2019 ASEV JAPAN

日本ブドウ・ワイン学会西日本地域研究会 第 22 回研究集会に参加して
川﨑 訓昭
p.65-66
Noriaki KAWASAKI: Reports on 22nd Meeting of Western Division of ASEV Japan Chapter

ASEV論文の概要(Vol.70No.2&Vol.70No.3)

Enology 関係:奥田 徹,佐藤 充克,久本 雅嗣,渡辺(斉藤)史恵
Viticulture 関係:塩崎 修志,鈴木 俊二,中尾 義則,望岡 亮介

 

※アメリカ学会誌の要旨和訳はこちら

Vol.70,No.2

Vol.70,No.3

No.2

年次大会プログラム (Program of Domestic Congress)

2020年12月5(土)-6日(日)オンライン開催
※大会プログラムは こちら

No.3

研究報文(Original Paper)

赤ワインの初期低温醸しの効果
清水 秀明,河野 美乃里,小山 和哉,岩下 和裕,後藤 奈美
p.115-124
Hideaki SHIMIZU, Minori KONO, Kazuya KOYAMA, Kazuhiro IWASHITA and Nami GOTO-YAMAMOTO; Effect of Cold Soak on Red Wine Making

醸し発酵の温度及び期間が赤ワインのアントシアニン及びプロアントシアニジンに及ぼす影響
後藤(山本)奈美,平野 晶子,川田 真悠子,沼田 美子代,小山 和哉
p.125-132
Nami GOTO-YAMAMOTO, Akiko HIRANO, Mayuko KAWADA, Mineyo NUMATA and Kazuya KOYAMA; Influence of Maceration Temperature and Duration on Anthocyanin and Proanthocyanidin of Red Wine

自然発酵におけるスケールアップ法がワイン品質に与える影響
志賀 樹,乙黒 美彩,山田 潮路,安蔵 正子,大村 春夫,岸本 宗和
p.133-140
Tatsuki SHIGA, Misa OTOGURO, Shioji YAMADA, Masako ANZO, Haruo OMURA and Munekazu KISHIMOTO; Effect of Scale-Up Method in Spontaneous Fermentation on Wine Quality

学術情報(Reports )

日本ワインコンクール(Japan Wine Competition)2020 の中止について
恩田 匠,吉川 由貴
p.141-142
Takumi ONDA and Yuki YOSHIKAWA; About the Cancellation of Japan Wine Competition 2020

ASEV論文の概要(Vol.70,No.4&Vol.71,No.1)

Enology 関係:奥田 徹,佐藤 充克,久本 雅嗣,渡辺(斉藤)史恵
Viticulture 関係:塩崎 修志,鈴木 俊二,中尾 義則,望岡 亮介

※アメリカ学会誌の要旨和訳はこちら

Vol.70,No.4

Vol.71,No.1

一覧に戻る