American Journal of Enology and Viticulture

VOLUME 29(2018)

No.1

巻頭随想

ワイン・ブドウにかかる研究・教育・普及活動と国内外のネットワーク
小田 滋晃
p.1
Shigeaki ODA; On the Occasion of ASEV JAPAN 2018 Annual Meeting in Kyoto

研究報文

保管条件の違いが赤ワインの成分及び品質変化に及ぼす影響[Reserch Note]
窪田 さおり,乙黒 美彩,岸本 宗和,是川 泰之,中野 善壽,森 覚,柳田 藤寿
p.5-12
Saori KUBOTA,Misa OTOGURO,Munekazu KISHIMOTO,Yasuyuki KOREKAWA,Yoshihisa NAKANO,Satoru MORI and Fujitoshi YANAGIDA; Effects of storage conditions on components and quality of red wine

燃料削減を目的にした加温代替による長期保温がブドウ デラウェア’の生育と果実品質に及ぼす影響[Original Paper]
栂野 康行,安田 雄冶,倉橋 孝夫,松本 敏一
p.13-22

ブドウ栽培に関する気象指標を用いた日本の地理的分類[Reserch Note]
鬼頭 昂宏,石川 勇人,鈴木 智博,渡辺(斉藤) 史恵,久本 雅嗣,奥田 徹
p.23-31
Takahiro KITO,Yuto ISHIHARA,Tomohiro SUZUKI,Fumie WATANABE-SAITO,Masashi HISAMOTO and Tohru OKUDA; Geographical classification of Japan by climate indexes for grape cultivation growing

学会情報

日本ブドウ・ワイン学会2017年出雲大会の開催報告
澤邊 昭義,渡辺(斉藤)史恵
p.33-36
Akiyoshi SAWABE and Fumie WATANABE-SAITO; Reports of 2017 ASEV JAPAN

[2017年日本ブドウ・ワイン学会 論文賞 受賞講演要旨]
国産赤ワインブドウのフェノール化合物組成に関する研究
小山 和哉
p.37-41
Kazuya KOYAMA; 2017 ASEV JAPAN JOURNAL AUTHOR’S AWARD: Study of Phenolic Compound in Domestic Red Wine Grape -Diversity of proanthocyanidin Compositions and Their Regulation

[2017年日本ブドウ・ワイン学会 技術賞 受賞講演要旨]
ブドウの副賞を利用する生育および成熟時期のコントロール
岸本 宗和
p.43-46
Munekazu KISHIMOTO ;2017 ASEV JAPAN Tecnical Merit Award:Utilization of lateral shoots to delay grape maturity

ASEV論文の概要(Vol. 68, No. 2 & No. 3)

奥田 徹,佐藤 充克,鈴木 俊二,久本 雅嗣,渡辺(斉藤)史恵,上野 俊人,塩崎 修志,鈴木 俊二,中尾 義則,望岡 亮介

 

※アメリカ学会誌の要旨和訳は こちら

Vol.68,No.2

Vol.68,No.3

No.2

年次大会プログラム (Program of Domestic Congress)

2018年 11月 17日(土)京都大学吉田キャンパス北部構内(京都府京都市)
※大会プログラムは こちら

No.3

研究報文(Original Papers)

北海道におけるQoI剤耐性ブドウべと病菌の発生調査 [Research Note]
青木 是直,河西 由喜,池原 作務,笹田 武志,鈴木 俊二
p.113-118
Yoshinao AOKI, Yuki KASAI, Samu IKEHARU, Takeshi SASADA and Shunji SUZUKI ; Monitoring QoI Fungicide Resistance in Plasmopara viticola Populations in Hokkaido

ブドウ果汁の基本成分分析における手法間のデータ相関 [Technical Brief]
亀山直樹,北沢 美佳
p.119-136
Naoki KAMEYAMA and Mika KITAZAWA ; Correlation Study of Analytical Techniques for Basic Analysis of Grape Must

副梢を利用する‘ピオーネ’の成熟時期のコントロール
岸本 宗和,安部 正彦
p.137-144
Munekazu KISHIMOTO, and Masahiko ABE ; Utilization of ‘Pione’ grapevine lateral shoots to delay grape maturity

学術情報(Original Papers)

日本ワインコンクール(Japan Wine Competition)2018報告
恩田 匠,地場 崇
p.145-154
Takumi ONDA and Takashi CHIBA ; Outline of Japan Wine Competition 2018 (16th Japan Domestic Wine Competition)

学会情報(Original Papers)

2018年第69回ASEV National Conference参加報告
井上 絵梨
p.155-157
Eri INOUE; Reports on 69th ASEV National Conference

日本ブドウ・ワイン学会西日本地域研究会第19回の開催報告
中條 澄礼,中尾 義則
p.157-158
Sumire CHUJO and Yoshinori NAKAO ; Reports on 19th Meeting of Western Division of ASEV Japan Chapter

ASEV論文の概要(Vol. 68, No.4 & Vol. 69 No. 1)

奥田 徹,佐藤 充克,久本 雅嗣,渡辺(斉藤)史恵,塩崎 修志,鈴木 俊二,中尾 義則,望岡 亮介

 

※アメリカ学会誌の要旨和訳は こちら

Vol.68,No.4

Vol.69,No.1

一覧に戻る